地震と備えの必要性

先日、大阪北部を震源とした地震がありましたね…

ちょうど出社しようと準備をしているさなかに、テレビ画面で知りました。
 
関西出身なもので、ひとまずいろんな人に連絡をとって無事かを確認してたら、
いつの間にか時間が過ぎて、あ、バス乗り遅れる…という始末。
 
仕事よりも家族とか友人のほうが大切ですよそりゃ。
 
交通の乱れはあったもののひとまずは周りで
被害が出た人はいなかったので一安心。

ただ、熊本の地震でもそうでしたが、本震だと思ったら、実は余震でした!!
みたいなこともあるので、気をつけていきましょう
(特に関西にいらっしゃる方は)。
 
もちろんそれ以外のところにいらっしゃるかたも
普段から準備をしておくことが大切ですね。
 
私自身は、水はとりあえず10リットルぐらいアマゾンでいつも箱買いして、玄関口に積んでます。

水を買うっていうことをあまり学生の頃とかしてきませんでしたが、案外買ってみて飲むとおいしい。
(むしろ、なんで金を払ってまで水買うんや!って感じでした。)
 
普段飲むのに加えて、非常用にとりあえず飲料水の確保は大事かと思います。
ごはんは、とりあえず砂糖とか塩を舐めてれば大丈夫な気がしますし。笑
 
あとは、
お風呂の水は常に溜めておくとか、
懐中電灯をわかりやすいところにおいておくこと。
本棚とか倒れてきそうなものは何か別の家具でひっかかるようにするとか。

よく言われてることをちゃんとしておくのも大事だなーと思います。
 
考え始めると他にもいろいろでてきますね。
自分を守るためでなく、大切な家族や友人を守るためにも、
準備をしてみるいい機会ではあると思います。
 
備えあれば、憂いなし。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする