忘年会・新年会シーズン。身体からお酒が抜けるまでの時間を理解しましょう!

今日は雑記です!テーマはお酒。

年末年始、会社勤めの方は特に忘年会や新年会などお酒を飲む機会が多くなるかと思います。

夜にお酒を飲んで、翌朝から仕事に向かうなどあるかと思いますが、今日は「残り酒」について書いておこうかと思います。

残り酒、いわゆる二日酔いですね。

「ひと眠りしたら大丈夫!」みたいな話も聞きますが、睡眠中は肝臓の機能が低下し、血流も弱くなるので、

寝ている間はアルコールの処理時間が起きている時よりもかかります。

翌日から出張等で車を運転して移動されることが分かっている時には、前日にお酒を控えることも大切ですね。

大体からだからアルコールが抜ける目安として、ビール500ml×2だと、12時間ほどかかります。(男性体重60kgの目安)

女性であれば約15時間、体が小さければ小さいほど処理に時間はかかります。

もちろん個人差があるため一概には言えませんが、

結構時間がかかるんだなーということ、寝てる間はあんまり処理しないんだなー

と、この2点をしっかり理解したうえで、お酒を飲んでいきましょう!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする