鹿児島大隅半島西岸の旅① 荒平天神

出張の醍醐味といえばそう、寄り道!
仕事柄ぴょんぴょんと今は九州の南へと行くことが多いので、
仕事帰りにどーせならばなんかおいしいもん食べたい…知らんとこ行きたい…
というわけで、
大隅半島西側をぐるーっと海岸線に沿って鹿児島中央まで走ってきました!
スタートは大隅半島真ん中の鹿屋市。
カーナビさんは高速道路に乗せようとしますが、
そんな簡単に帰ってしまっては面白くない。

f:id:adlibitumlife:20180705231900j:plain

手始めに近場でなんかいい感じの風景とか見られるとこないかなーと探してみたところ、
”荒平天神”なるものが海岸沿いにあることを知りました。
天神言うぐらいなので、祀られているのは菅原道真公…です、確か。

f:id:adlibitumlife:20180705232458p:plain

 

(詳しくは以下の鹿児島観光サイトへ。
調べてみたらパワースポットみたいですね!)
海岸から砂浜が海へ延びていて、その先には島がある、と。
なかなか優美ではないか!!
ということでびゅーっと車でかっ飛ばして鹿屋市中心から20~30分。
 f:id:adlibitumlife:20180705232456j:plain

f:id:adlibitumlife:20180705232857j:plain

到着~!
なかなかよきよき。
特に鳥居が醸し出すあちらとこちらの世界の繋ぎ目感がよい。笑
日が落ちる時間帯(夏場なので19時ごろ)に合わせて行ったので、陰影もなおよし!
駐車場も10台ほど止められて、トイレもあるので休憩するにはちょうどよい場所でした。
旅の途中でふらーっと立ち寄るにはいいところだと思います!人も少なく静かですし!
「大隅半島西岸の旅」第一弾は以上、荒平天神のご紹介でした~!
次回、北上して桜島へと向かいます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする