エアコン止まった時の対処方法

先日エアコンの効率のいい使い方を書きましたが、

そのエアコンがこの真夏に冷気がでなくなった!!

 

借り物の住宅に備え付けのエアコンの場合、どうすりゃええんや…

となりまして、調べてみました。

対処1:管理会社にTEL

一番有力なのはマンションなりアパートの管理会社にTELするのが手っ取り早いですね。

(私もとりあえずこれを一番初めにやりました。)

 

24時間連絡出来るところであれば結構早く対処をしてくれるようです。

今回は、電話をしてみたら、「一回コンセント抜いてちょっと待ってから付けてみてください」

というアドバイスをいただいてやってみたところ無事冷気がでるようになりました。

対処2:電源を落とす

対処1で結果的に有効な策として出てきたのが、電源を落とすこと

単にリモコンでスイッチを落とすのではなく、電源自体を引っこ抜くこと

 

昔、スーファミなり64がうまくつかないとき、

電源付けたり落としたり、コンセント引っこ抜いたりしたやないですか?

たぶん、あれと同じ原理です。笑

一回電力を落とすことでリセットさせるイメージだと思います。

 

冷気が出ない=温度センサーがイカレテル or ガスが抜けてる(こっちの場合は修理必須)

ということですので、有効な策として電源を落とすことが挙げられます。

(もちろん、何回もやっているとパソコンもそうですが、バグが出てきそうな気がしますが…。)

 

対処3:大人しく電気屋さんを呼ぶ

あんまり、電源を落としたりなんなりしていると、壊れそうな気もするので、

おとなしく電気屋さんを呼んで原因を究明してもらうことも大事ですね。

 

お金はそれなりにかかるでしょうが、変に壊してしまった場合、

修理代を管理会社から請求される可能性も考えられますので、

おとなしく呼んで、管理会社に請求するなりしたほうがよいかと思います。

もちろん、管理会社に壊れてる~といった時点で、修理屋さんを段取りしてくれれば、なお良いですが!

まとめ

真夏にエアコンからぬっるい風しか出てこなくなったらこれをしてみよう!(備え付けエアコンver.)

1.管理会社にとりあえずやばい、真夏で文明の利器がないと死にます、と電話する。

2.コンセントひっこぬいて、ふーふーする。(後半は省略可)

3.お財布と相談して電気屋さんを呼ぶ。

 

以上!真夏を快適に過ごせるようにエアコンはしっかり点検しておきましょう!

日頃のお掃除も大事ですね!それでは~。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする