秋はコスモス!博多駅から1時間足らずの能古島アイランドパークへ

日もだんだんと短くなり朝晩は寒くなってきました。

秋が近づいてきているのが日々の生活から感じられますね。

 

秋は食欲・スポーツ・読書・音楽等、何を始めるにもいい時期と言われています。

気温が活動をするのにちょうどいいこと、空気が落ち着いていることが関係しているのかと思います。

さて、今回は前からだいぶ開いてしまいましたが、先週行ってきました

「能古島アイランドパーク」のレビューをしておこうと思います!

 

行き方

まず、福岡の博多駅から1時間ほどあれば行ける場所にあります。

「姪浜渡船場」から島への船が出ているので、船の出港時間に合わせていくのがよいでしょう!

 

船着き場へは、バスと電車を組み合わせていくことができます。

<公共交通機関利用の場合>

1.西鉄バス「博多駅前Aバス停」から直で「能古渡船場」下車 約40分

2.福岡市営地下鉄空港線 姪浜下車⇒西鉄バス「姪浜駅北口」より「能古渡船場」下車 約15分

3.天神高速バスターミナル前より「能古渡船場」下車

 

自家用車を使う場合は、船着き場の近くに大きな駐車場があるので、

そこを利用するのも可です!

(船に乗せて渡ることもできますが、そこそこお値段が別途かかります)

10分ほどの船旅を楽しんだ後、

能古島アイランドパーク行きのバスが船着き場前にあるので、

そちらに乗車して目的地へ向かいます。

(基本的には船の着岸に合わせて運航をしていますが、

あくまで予定なので、早めに動くのにこしたことはないです。)

 

コスモスの見ごろはいつ?

能古島アイランドパークには早咲きと遅咲きのコスモスが植えられているので、

10月~11月上旬であれば、コスモスを楽しむことができます。

ただ、海をバックにしたコスモス畑を見るためには早咲きを狙っていかねばなりません。

←早咲き

年によって一番いい時期が変わってくるので注意が必要ですが、

10月15日~20日前後を狙っていくのがよいと思います。

←遅咲き

遅咲きは海が見えない、規模も少々小さめな花畑に咲いていますので

悪くはないですがせっかくならば海側の花畑にいきましょう!

 

まとめ

船で渡らなければならないので、ちょっと面倒ではありますが、

旅をしている感じを求めるのであればおすすめです!

←花畑に隠れている子もいます!笑

もし行くのであれば早咲きが満開である時期を狙ってみて下さい!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする