【雑記・お金の話】群雄割拠のQRコード決済!payサービスをどう選べばいいのか考えてみた

〇〇Pay多すぎ問題

今月8日には、「ゆうちょPay」がサービス開始し、
段々と銀行系のスマホ決済が本格化してきていますね。

これまでIT・通信系の「Payサービス」が先行して普及されてきましたが、
ここに銀行系が参入してくることでよりこのスマホ決済にかかるシェア競争は
激烈になってきそうな感じがします。

先行しているIT・通信系には、
・楽天Pay
・LINEPay
・Pay Pay
・d払い
・Origami Pay
・メルペイ
・Amazon Pay 
などなどがあり、

これから始まる(すでに始まっている)銀行系スマホ決済には、
・銀行Pay(ゆうちょPayなど)
・Bank Pay(大手都銀、地銀、信金など。今秋から。)
・Jコインペイ(みずほ、地銀など)

など、もう群雄割拠の戦国時代で、使う側からしたら、
もう誰が誰やねん…
という状態になってるので、どのサービスを選ぶか、
指標となりそうなものを洗い出してみようかと思います。

スマホ決済サービス選択の基準

①チャージ式なのか、後払いなのか

 まず、大事なのがお金の支払い方かと思います。
 PiTaPaとかSuica、Nimocaなど交通系のICカードにも言えることですが、
 
 ・チャージをして使うタイプなのか
 ・あとから支払いの請求が届くタイプなのか
 
 どっちのほうが自分がお金を使う上で管理がしやすいかで選ぶのが
 まずよいかと思います。
 
 チャージ式であれば、残高が無くなった時点で使えなくなるため、無駄遣いは
 少なくなりますが、毎度毎度チャージするのが面倒。
 後払いであれば、いくらでも使えるが、あとから請求が怖い。

 完全に好みですね。

②チャージの仕方、引き落としの仕方

 ①が決まれば、チャージするなり、後から引き落としにするにせよ、
 「どこからお金をもってくるか」で選択をしていきましょう。

 クレジットカードで引き落としにするのか、口座引き落としなのか、
 銀行口座から振り込み形でチャージをするのか、
 ご自身のライフスタイルに合わせて選んでいきましょう。

 個人的には使ったらすぐに口座から引き落とされるデビット式が
 わかりやすくてよい気がします。

③使用できるお店と還元率

 ○○Payをスマホで使えるようにしたものの、使える店がないと
 結局は意味がない。

 したがって、加盟店舗数と自分がよく行くお店が使えるかは
 チェックしておきましょう。
 (正直1つにPayをまとめてどこのお店でも使えるようにして欲しいが。)

 一つにまとまることがあるかはわかりませんが、それまでは各自自分の生活に
 合わせて使えるPayなのか見ておきましょう。
 (使えるお店の数でいえば、LINEPay、楽天Payが有力。)

 加えて、いくつかのサービスでは使ったら使った分の何%かを還元する所も
 あるので、頻度高く使うつもりであればチェックしましょう!

まとめ

色々書いてきましたが、大事なのは、
「自分がどういう買い物をよくするのか?(ネットショッピング重視・コンビニめっちゃ行く・特定のお店のヘビーユーザーなど)」

「決済方法の好み(前払いor後払い、カード使いたい?or口座引き落としにしたい?)」
の2点かと思います。

その他還元キャンペーンをしているだとか、ポイントめっちゃつくとか、
色々各HPとかを見てみると書いていますが、
自分のライフスタイルに合ってないと結局は使わないので、
(楽天Pay導入したが、基本アマゾンでしかネットで買い物しないから還元率高くても使わんし、楽天カードも作ったけど、エポスがプラチナ会員になって還元率半端ないから使わないし…。)
自分の消費生活に合ったものを選びましょう!

私自身、数千円以上ならクレジットカードをがんがん使うので、
小銭をじゃらじゃら出すコンビニ支払いの時にスマホ決済使えればいいなー
ぐらいの利用意欲。
なので、楽天口座を食料品用口座にして楽天Payを利用するか、
そもそもApplePayで足りそうだ・w・

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする