【カメラ旅部-旅日記-】糸島のウユニ湖!?春先の干潮時にのみ現れる鏡張りの深江海岸

先の週末にカメラ旅部-Ein Foto-の活動で、「鎮懐石八幡宮」
に行って参りました。

糸島市の西側にあり、天神から日帰りでいける距離にある神社です。
特段なにか大きな建造物や珍しいものがあるわけではありませんが、
海岸に面している神社であり、人も少ないため、

「夕陽を撮影するにはいい場所だ!!」

ということで行ってきました。

夕陽撮影

風がなく波もとても穏やかでした。

今回は地平線近くに雲がかかり、あまり上手い感じには取れませんでしたが、
西日がちょうど海岸に当たる場所であったので、
天候次第ではいい写真が撮れる可能性の高いスポットだと思います!

新調したレンズのぼけ感がすご。

深江海岸でのリフレクション撮影

さて。これで話が終わるわけではなく、
帰り際に駐車場をお借りしていた宮司の方に話を聞いたところ、
実は鎮懐石八幡宮の前にある、

「深江海岸」〒819-1601, 2129−5 二丈深江 糸島市 福岡県 819-1601

googlemapより。ハートを付けているところは鎮懐石八幡宮。

ここでボリビアにあるウユニ湖のような写真が撮れるとのこと!
初春から初夏の3~6月にかけて干潮時には、
遠浅の海が鏡面になることがあるらしく、
風が収まっている時には水が鏡の役割を果たし、
綺麗なリフレクションが撮れます。

下記のHPより画像を拝借しております。

鎮懐石八幡宮HPhttps://www.chinkaiseki.com/beach/
(HPもご紹介いただいたので、掲載しておきます!)

下調べが今回不十分で撮り逃してしまったので、
また改めて再チャレンジをしようと思います!

<福岡中心部からの行き方>

電車⇒地下鉄空港線で、JR筑肥線に直結して向かうことができる電車
(唐津行き)に乗り、筑前深江駅下車。駅から徒歩10分。

車⇒深江ICを降り、数分で着きます。神社には駐車場があるので、
車はそこにおいて、海岸へは歩いて向かうのがよいと思います。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする