子犬のショップ販売禁止に(英国)

一週間前の2018年12月23日(日)

英国で生後6か月未満の子犬や子猫を、飼い主がブリーダーや保護施設以外から手に入れることを禁止にすることを英政府が明らかにしました。

ペットショップを通じた、販売をなくすことで悪質な業者をいなくする考え。

悪質なブリーダーが劣悪な環境下で犬などのペット動物を大量繁殖させる、いわゆる「子犬工場」の問題は、先進国の一つの社会問題です。こういった悪質なブリーダーはペットショップに大量に販売し、ペットショップは売れなくなったら殺処分や、保護施設へ移す等の手段を取ります。

日本は、新動物愛護法のおかげでだいぶましにはなりましたが、夜中にまでペットショップで生体が販売されており、動物の生活に害を及ぼす環境が依然として残っております。

殺処分数を0にするため、共に生きるパートナーとなりうる生き物たちのために

是非とも日本も見習ってもらいたいものです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする