【カメラ機材レビュー】おすすめ!格安ストロボNeewer NW562Cを買って使ってみた

おはこんばんちはー。
折角サーバー費用もかかっているわけだし、
ちゃんとブログを書き続けることを決意し2日目。

書くネタはあるものの中々ちゃんと続けないと、
すぐに書くのをサボりそうになりますね。

朝か夜どちらかで書くよう癖づけるよう仕組んでいきます。

さて。今日は最近購入した格安のストロボでもご紹介しようかと思います。
基本的に私は自然の風景や動物・花々を撮影することがメインなので、
あまりストロボを必要としたことがありませんでした。


ですが、最近になってポートレートの撮影依頼が来るようになり、
急遽ストロボが必要じゃ!!となりました。
(一眼についているライトじゃ向きが変えられないので影が上手く消せない…)

そして、電化製品屋に行ってストロボを見たところ、
まぁまぁいいお値段するんですよね、正規品は。
(安いのでも1~2万ぐらい。)
下手すればやっすいレンズを一本買えるんじゃないかというぐらいなので、
諦めかけたその時、
天下のAmazonさんで格安で買えるストロボを発見しました。

その名も、「Neewer NW-562C E-TTL」

安いからってなんのその、正規品と見た目も大して変わらず、
光量の調整もできる優れものです。

今回はリモートコントロールができるようになるアダプターと、
レンズクロス付きを購入しました。

私が持っている一眼はCanonの8000Dという型のやつでして、
基本どの一眼レフでもストロボを付けることができるものであれば、
使えるようですが、購入をされる際には今一度型番をご確認くださいね。

ちなみに562型であればCanon・Nikonなど
メインどころのメーカーのものであれば、しっかり使うことができます。

使い方は至ってシンプルでカメラに装着して、
あとは一眼レフのストロボボタンをポチっと押せば、
使うことができます。
もちろん、忘れず電池を入れて電源入れてくださいね。
(ちなみに単三電池4本でこの子は動きます。)

お持ちのカメラの説明書のストロボの頁を
見ていただければストロボボタンの配置、カメラ自体の設定方法が
書かれているかと思います。

リモート用のアダプターも付けて、ストロボも付けると、
こんな風にバカでかくなります笑
重たいのは難ありですが、これを持っていると、
その道のプロ感がでてきますね。

大学時代にCanon正規品のストロボを使用していましたが、
使用感にまったく違和感はなく、
中国製ですが、とても良質で安くていいものという印象です。

電池の消費が激しいこともなく、ふつーに使うことが出来ていますので、
もしストロボをこれから使ってみたいなという方はぜひ購入を検討してみては
いかがでしょうか。

光の魔術師に一緒になりましょう。笑
表現の幅が広がること間違いなしです。

ほなまた!

↓Amazonのリンク張っておきますね(広告)↓

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする