【メモ】習慣化のコツ~マコなり社長の動画より~

あっという間に10月ですね。
前回更新したのが9月1日と、もはや月1更新がデフォルトになりつつある…。

とりあえずサーバーも復帰させたので、
毎日少しずつでも更新しよう。

さて、今日は「習慣化」の話です。
私自身が習慣化するのが苦手で、コツコツやるようになるまで相当長い時間と、
試行錯誤をしないとできないので、改めてどうすればいいのか、
書いておこうと思います。

参考としたのは、最近Youtubeでも有名になってきた、
マコなり社長の 「「三日坊主」を確実に無くす唯一の方法」の動画からです。

http:// https://www.youtube.com/watch?v=6Qus_KKDffc


どんな人かはググってください。
(ググったら明らかにSEO対策してます感満載のタイトル名のサイトが
 わんさかでてきますが、大体どんな経歴の人かぐらいは書いてくれてます。)

習慣化するには適度な外的プレッシャーがかかる仕組みづくりをせよ

動画の中では、習慣づけるには、

①習慣化は必ず誰かと対面で会って取り組むこと

②約束を厳密にすること

③約束を破ったら適度なペナルティがあること

の3つが挙げられています。
①で誰かと約束をして、破ることに対する後ろめたさや、
恥ずかしさといった感情を利用し、

「あんまやりたくないけど、やらなあかんか」

という状態を作る。

②でその約束を言い訳で逃れられないよう、
しっかりと定義付けし、なにをするのか、明確にすること。

③でやらなかったらどうするか、厳しすぎない程度にペナルティーを
設けることで、やらないと!というモチベーションを引っ張り出す。

この3つを仕組み作ることで次第に習慣として身につくようになる
とのことでした。
(一方、この仕組みで習慣化されないものはよっぽど相性が悪いことだと、
言われていました。)

自分の中で習慣化に成功した経験を振り返ってみる

中学生のころ、国語の先生が生徒に読書の習慣をつけるために、
読んだ本のページ数だけ色を塗り、
全て塗り終えたら図書カードがもらえるということをしてました。

初めはただ綺麗に塗られていくことが楽しくて、
ページ数が多く巻数も多いハリポタみたいな長編小説を読んで、
ただただ塗りつぶしていくこと自体に達成感を感じて本を読んでいましたが、
少しずつ小説以外の本にも手を出し始め、
大人となった今ではジャンル構わずあちこち本を読み漁るようになりました。

これも、振り返ってみれば、国語の先生という、
進捗を管理してくれる人がおり、ページ数で成果が現れるという仕組みがあり、
ペナルティーではないですが、
達成をしたら報酬が得られるという形ができていたので、
上手く習慣として身につくことが出来たのかなと思います。

まとめ

人間の心は平穏になるよう常にバランスがとられ、
快適な方向に流されやすいポンコツな生き物です。

だからこそ、外的な環境づくりや仕組みづくりをすることで、
自動的にそうせざるを得ない状況を作ることが肝心というわけですね。

上手く仕組みづくりをして
コツコツ学んだり、実行する習慣をつけていきましょう!
私もこの投稿を継続できるよう仕組みづくり考えないと。
(彼女や友人に毎日見てもらって、
 更新しなかったらご飯を奢るとかありかもしれませんね。)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする